アラサーニートの雑記帖

アラサーニートが感じたことや日々の出来事などを綴る雑記ブログです。

落ち込んだときのやり過ごし方(気持ちの波の漂い方)

なんだか元気が出ないな。

嫌なことがあって気分が落ち込んじゃったな。

そんな時みなさん、どうやってやり過ごしていますか?

 

やり過ごすなんてとんでもない!原因を探って、解決しなくちゃ!!ってのはわかるんです。

わかるんですが、原因がはっきりしなかったり、思い当たる原因があったとしても、なかなか立ち向かえないときもあるものです。

そういう時、その落ち込みをやり過ごしたり、気分を変える方法があれば、少しずつ楽しい気分を取り戻して明るく過ごせたり、気持ちを立て直してから問題解決にのぞむことができますよね。

 

誰にでもある気持ちの波をうまく乗りこなす、というより、溺れずにうまく漂う方法を探っていきたいな、と思います。

 

私のやり方

とりあえず、私自身が落ち込んだときどういう風に過ごしているかご紹介したいと思います。

 

寝る

私が一番よくやる(やってしまう)方法です。

もちろんなにか悩んでいたり、原因の出来事があるときは眠れないことも多いです。でも、ベッドにもぐりこんで、とりあえず時間が過ぎるのを待ちます。

そうすると、いつの間にか寝てしまっていたりするものです。

寝て、起きて、気持ちや頭を一旦仕切りなおします。

 

読書や映画鑑賞

物語の世界に没頭して、現実世界とは一時的におさらばします。

正しく現実逃避というやつですね。

無理に明るい物語を選ぶ必要はなくて、逆に悲しいものでガンガン泣くというのもありかなと思います。

 

散歩

落ち込んでいるときは、なにもする気力がわかなかったりして、引きこもりがちになることも多いです。

でも、あえて外に出ます。そして歩きます。

私は割と単純な人間なので、環境に気持ちが引っ張られやすいです。

ちょっと外の空気を吸って、景色を見ながら身体を動かすだけでも、かなり前向きな気持ちになれたりします。

 

ペットと触れ合う

私の実家では豆芝を飼っているので、今はその子に構ってもらいます。

心行くまで撫で回したり、おもちゃを投げて遊んだり、たまに少し迷惑そうな顔をされますが、かなり安らげます。

動物好きの方でペットを飼っていない方は、道端の猫と触れ合ったり、猫カフェ、ふくろうカフェなどもあるので、お気に入りの場所を作っておくのも良いかもしれません。

 

カフェでお茶をする

私は紅茶と甘いものが好きなので、お気に入りのカフェに行って、おいしい紅茶とケーキでも頂きながら時間を過ごすこともあります。

散歩もそうですが、自分の部屋などのテリトリーから出て、その場の雰囲気に気持ちを任せてしまうのは私の常套手段のひとつです。

 

日記を書く

これは原因がわかっているときにやることが多いですが、日記に気持ちを書き出します。私の場合、人にそういう感情はあまり見せたくないので、ブログやSNSではなく、紙の日記にガシガシ書いています。

書き出すだけでも少し気持ちが落ち着くこともあります(特に怒っているときなど)し、読み返してみると、改めて自分の気持ちに気付くこともあります。

 

みんなのやり方

上記以外に、他の人はどういった方法をとっているのか、ネットで調べてみました。

  • ゆっくりお風呂に入る
  • 友人に愚痴を聞いてもらう
  • カラオケに行く
  • 好きな音楽を聞く
  • あえてそのまま物憂げに過ごす(無理に気分を変えようとしない)

などがありました。

やはり、好きなことをして過ごしたり、ゆっくりと気持ちを落ち着けるようにする方が多いようです。

 

また、「友人を愚痴を聞いてもらう」というように、他人に気持ちを聞いてもらったり、少し甘えさせてもらうというな対処法もありました。

落ち込むと一人きりで動けなくなる人も多いかと思いますが、一人じゃないと思えるだけで大きな力になることも多いです。思い切って信頼できる人に話を聞いてもらったり、沈んだ気持ちを打ち明けなくても、一緒に遊んでもらうだけでもきっと助けになると思います。

 

最後の「無理に気分を変えようとしない」というのは、私にとって少し新鮮な意見でした。気持ちに目を向け過ぎず、自然に過ごし、気持ちが落ち着くのを待つそうです。

確かに、気分を変えなきゃ!と思うことで、逆にそのことに気持ちがとらわれてしまって、思い悩んでしまうこともありますもんね。

「そういう時もある。今は落ち込んでるんだ。」と受け入れることで、自然とほぐれていくようなこともある気がします。

 

 

生きていると、毎日色々なことがあるし、沈んじゃう時もあります。

がんばることも大切ですが、たまには逃げたり、休んだりも必要ですよね。

自分の気持ちとうまく向き合いながら、楽しく生きたいですね。

 

広告を非表示にする