アラサーニートの雑記帖

アラサーニートが感じたことや日々の出来事などを綴る雑記ブログです。

Gとの闘い

台風一過で日差しも戻り、なんだか亜熱帯の国のような温度と湿度に見舞われていますが、皆様におかれましては元気にお過ごしでしょうか?

さて、最近の蒸し暑さには辟易しつつも、夏は大好きな私。

しかし、この夏の季節に、私のテンションを最底辺まで落とす存在が活動を活発にします。

それは虫。特にゴキブリ。名前を出すのも嫌なのでGと呼びます!

今回はそんな虫嫌いな私のGとの闘いと対処法を書いていきたいと思います。

虫が苦手な方はご注意ください。(画像はありません。私も見たくないので。)

 

虫全般が苦手

まず、私は虫が全体的に苦手です。

大きさや種類に関わらず、基本的に関わりたくありません。

チョウチョやトンボなど、害もなく、見た目もまあ綺麗なものが外でヒラヒラ、ふらふらしている分にはまあそんなに問題はないのですが、それでも積極的に近寄りたくはないです。

それでもまあ、外で出くわす分には、Gであろうと一瞬の邂逅にドキッとはするものの、もう二度と会うこともないでしょう、ってな感じで平静を装っていられます。

しかし、移動し辛い電車やバスの中、飲食店やそして家の中など、屋内で遭遇すればどんな虫も脅威です。

特に自宅での遭遇は最悪です。仕留めない限り、また遭遇してしまうのはわかるのですが、恐怖と嫌悪感で身がすくみ、結局なにもできません。

仮に家族が仕留めてくれたとしても、死骸にすら強い拒否反応があって、本当にどうしても自分しかいない時以外は、触れることもできません。

なんでかまた動き出しそうな気がしちゃうんですよね・・・。

そんな私もどうしても、闘わねばならない時もあります!

 

Gとの闘い

夏場の強敵Gたち。

死骸にもビビる虫大嫌いな私ですが、どうしてもな時はがんばって闘います!

そんな私の戦術を一挙公開します。

 

家族や恋人、友人とにかく他の人にお任せ

はい、いきなり闘ってないじゃないか、と思いましたね?

そんなことはありません。

Gはみんなの敵です。Gとの闘いはチーム戦なのです。

私は司令塔、そして応援団長として、隠れたところから見守っています。

適材適所。頼れる人がいる時は、平気な人に闘ってもらいましょう。

苦手な私が闘うよりも、スムーズかつ的確に対処してくれるはずです。

仕留め損なうことも少ないでしょう。

私イチオシの闘い方です!

 

備えあれば憂いなし!殺虫剤

虫嫌いな人は、Gを新聞紙やスリッパで叩き潰すような闘い方は基本的にできません。

攻撃範囲が狭く、距離が近くなりすぎるからです。

なるべく距離を取り、かつなるべく成功率の高い方法を選ばなくてはなりません。

そこで、オススメしたいのが、文明の利器・殺虫剤!

仮に仕留め損ねても、動きが鈍くなったりと、次の手を打ちやすいです。

調べてみたところ、殺虫効果の高さではゴキジェットプロ、ペットやお子様のいる家庭、台所などでは殺虫成分を含まず、Gを冷却して凍らせる凍殺ジェット等がオススメのようです。

G出没スポットの台所、お風呂場などに常設しておくと安心です。

【第2類医薬品】医薬品ゴキジェットプロ 450mL

フマキラー 殺虫スプレー 凍殺ジェット 300ml

フマキラー 殺虫スプレー 凍殺ジェット 300ml

 

 

エンカウント率NO.1!台所では洗剤を使おう

Gとのエンカウント率が家中で最も高い台所。

洗い物中に食器の陰から急にこんにちはしてくるGにはいつも心臓を止められかけています。

上記の通り、殺虫剤が近くにあればそれが最善ですが、もしも手元に殺虫剤がない場合、役立つのが洗剤です!

勢いよく噴射すれば、距離を保ちつつGを窒息死させることができます。

ただし、死ぬまでに数十秒~数分かかる場合があるので、そこは注意が必要です。

 

熱湯&水圧でイチコロ☆シャワー攻撃

台所に次いでGが出やすいお風呂場。

高確率で全裸&ずぶ濡れなので、エンカウント時の動揺もひとしおです。

でも、お風呂場は意外と闘いやすい場所でもあります。

なぜなら、シャワーがあるから!

シャワーは遠隔攻撃ができる優れものです。しかもお風呂場なのでどこでも濡らし放題。

Gを見つけたら、焦らずにGと距離を取り、シャワーの温度を最高にあげます。水圧も最大までアップ。

そして、お風呂場の隅にGを追い詰めるイメージで一気に浴びせかけましょう。

動きが止まっても、しばらくはシャワーを当て続けます。

徐々に水圧を弱め、それでも動きがないようなら、こちらの勝利です。

 

出没前に仕留めろ!ブラックキャップ大先生

でも、そもそもGなんて見たくもないですし、出てこないようにできれば一番ですよね。

闘わずして勝つ。

ゴキブリホイホイなどの手もありますが、あそこにGがかかっていたとして、私には絶対に処理ができないので、ああいう捕獲系はちょっと避けたいところです。

そこでオススメなのがブラックキャップ!

その場で死ぬわけではないので、死骸との遭遇率も減ります。

また、ネットでもその即効性と卵まで殺す殺虫力の高さで評判が高いです。

小さくて丸い形状のため、気になる隅っこや棚の中などにも置くことができます。

一人暮らしのときはずっとこれを使っていて、Gに出くわすことは一度もありませんでした。(4階だったので、もともとそこまでGが出る高さではなかったかもしれませんが)

Gとなるべく出会わずに過ごしたい方は、ぜひ試してみてください。

アース製薬 ブラックキャップ 12個入り

 

 

最後ちょっとブラックキャップの回し者みたいになってしまいましたが、本当にオススメです!

商品名だけのリンクになっているものは、商品画像にGの画像が含まれていたものです。私があのパッケージのGの絵とかも基本見たくない人なので(笑)

この夏もすでに2匹くらいのGさんと遭遇してしまった私ですが、ブラックキャップ先生やゴキジェット様にお世話になりながら、そして家族に頼りながらなんとか乗り切っていこうと思います。

飼い犬のさくらちゃんがたまに虫を仕留めているので、彼女もきっと良い兵隊になってくれることでしょう。

他にもオススメの対処法をご存知の方は、ぜひ教えてください!

広告を非表示にする