アラサーニートの雑記帖

アラサーニートが感じたことや日々の出来事などを綴る雑記ブログです。

圧力鍋初心者が電気圧力鍋「ワンダーシェフ」を使って、枝豆のポタージュを作ってみました

皆さん圧力鍋って使ったことありますでしょうか?

すごい時間短縮ができるらしいということは知っていたのですが、実家でも所持しておらず、私は今まで全く無縁でした。

しかし最近、恋人が新しく電気圧力鍋なるものを買ったとのこと。

というわけで今回は、圧力鍋初心者な私が電気圧力鍋で料理してみた様子と感想をご覧ください。

 

ワンダーシェフ 電気圧力鍋

今回使用したのは、「ワンダーシェフ」というメーカーの圧力鍋シリーズの1つで、コンロにかけるタイプではなく、コンセントから電源をとって使用するタイプの電気圧力鍋です。

容量は4Lで、2~4名分くらいの調理にぴったりのサイズになっています。

電気圧力鍋に加え、蒸しす、計量カップ、しゃもじ、小さいおたま、ガラス蓋、そしてレシピ集がついていて、初心者にも優しいです。

 

レシピ集

f:id:traffic_jam:20170714154132j:plain

こんな感じのレシピ集がついてきます。

炊飯からカレーや煮物、離乳食まで幅広く50個のレシピが掲載されています。便利。

 

枝豆のポタージュスープ

今回は、上記のレシピ集の中から、「枝豆のポタージュスープ」を作ってみました。

理由はポタージュとか作ったことがなかったので、興味本位です。

f:id:traffic_jam:20170714154406j:plain

レシピ集の中はこんな感じで、どのボタンを押せばいいかも一目でわかりやすくなっています。(詳しいレシピは画面外に切れてしまっていますが)

早速調理開始です!

 

1.枝豆をゆでる

まずは枝豆を鞘ごとゆでます。(ここは普通のお鍋で調理)

f:id:traffic_jam:20170714154629j:plain f:id:traffic_jam:20170714154638j:plain

 

2.材料を圧力鍋に投入⇒スイッチオン!

枝豆・玉ねぎ(粗みじん切り)・バター・コンソメ・水を投入。

豆を鞘から出すのが地味に面倒でした。

f:id:traffic_jam:20170714154829j:plain f:id:traffic_jam:20170714154837j:plain

そして圧力鍋のスイッチを入れます!

今回は「お好み」ボタンで15分に設定しています。

f:id:traffic_jam:20170714155213j:plain

圧力がかかるまで約10分程度。そこから設定した15分間加圧してくれます。

圧力がかかっている間は、ピンクのピンが飛び出して教えてくれます。安心です。

f:id:traffic_jam:20170714155332j:plain

 

3.圧力鍋から一旦材料を取り出し、裏ごし

加圧後の材料。玉ねぎはクタクタで、枝豆は形が残っています。

バターの香りがしました。

f:id:traffic_jam:20170714155627j:plain

裏ごしします。こし器を持っていないので、ザルとボウルで代用しました。

結構時間がかかりました。

(ミキサーをお持ちの方は、ミキサーで混ぜてもOKだそうです。)

f:id:traffic_jam:20170714155635j:plain

 

4.再度圧力鍋に戻し、牛乳を加え追加熱

こした材料です。

f:id:traffic_jam:20170714160103j:plain

圧力鍋に戻しいれ、牛乳を追加。真っ白になりました。

f:id:traffic_jam:20170714160129j:plain

「追加熱」で5分間加熱します。

これは圧力調理ではなく、ただの加熱です。(加圧用の蓋はしない)

普通の鍋で煮立てても良いのかもしれません。

f:id:traffic_jam:20170714160144j:plain

 

5.味を調えて完成!

最後に生クリームを入れて、塩コショウやコンソメ等で再度味を調えました。

カップに移して、完成です!

f:id:traffic_jam:20170714160505j:plain

 

ザルでこしたので、結構粒感の残る感じではありましたが、ちゃんとポタージュスープになっていました!

初めての割にはちゃんとできたと思います。

枝豆を先に茹でたり、裏ごししたりと少し手間がかかりますが、レシピ自体は結構単純で、初心者でも簡単に美味しくできました。

 

使ってみての感想

材料を入れて、蓋をして、スイッチ入れて待つだけなので、思った以上に簡単でした!

初心者でもなんの問題もありません。

また、圧力鍋はたまに事故があったりして、ちょっと怖いという気持ちもあったのですが、電気制御で時間も勝手にはかって調節してくれますし、ピンで加圧具合を教えてくれたりと、調理中不安を感じることもありませんでした。

調理時間が終われば音で知らせてくれて、しかも一旦自動で保温に切り替わってくれるので、ワンダーシェフで調理中は別の作業に集中できて便利です。コンロも1台あきますし。

レシピ集もわかりやすく、レパートリーも多く有難いです。

と、ワンダーシェフの回し者みたいになっていますが、実際便利で使いやすいものだと思います。

 

ただ、一点だけ、通常の圧力鍋より少し圧力が低い(60kpa)そうなので、調理時間の短縮を第一に考えている方は微妙かもしれません。

実際、私がイメージしていたよりも結構時間がかかるなと感じました。

例えば、カレー4人分だと30分の加圧が必要です。(レシピ集を参照しています)

加えて圧力がかかるまで10分程度かかるので、それだけで40分かかります。

ただ、前述の通り、調理中完全に手を離して大丈夫なので、その間に別のものを作ったり、別の作業をしたり、そういう意味では時短にも効果的かなとは思います。

あとは、レシピに載っていないレパートリーを増やせるか、というところもちょっと気になりました。

私は料理をすごくするわけではなく、圧力鍋も初心者なので、レシピ集以外のものが作れるかな、とちょっと心配です。

でも今どきネットもありますし、使い慣れてくれば、時間設定の感覚なども掴めて、自然と幅も広がるような気がします。

 

 

すっかりワンダーシェフの宣伝みたいな記事になっちゃいましたが、別に回し者とかではないです(笑)

結構長いこと料理をさぼっていたのですが、やってみるとなかなか楽しいですね。

せっかく新しいアイテムもあるので、どんどん使って、新しいレパートリーにも挑戦していこうと思います。

とりあえず、次はご飯を炊いてみたいです。

広告を非表示にする